人間関係が苦手でなければ、向いていないと思われる方でも努力次第で勤めることが出来ます。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

不動産業に向いている人

不動産業には、賃貸の契約はもちろん戸建て、マンションの売買など様々な業務があります。
ご自身で土地や商業施設などテナントを有している自営業の方は、年間の決算であったり税金のこともこなさなければいけない業務の一つです。

 

その不動産業にも向き不向きはあります。

 

不動産業に向いている人は、人が好きな人です。

人が好きなことというのも不動産業に必要なことで、不動産を購入したり賃貸で引越しをする時は、その人の人生の節目でもあります。そういった局面での仕事では、お金などの損得だけで仕事をせずにやりがいとしての仕事ぶりが必要になります。
お客さんに賃貸物件の見学や説明などもしなければいけないので、説明などの話がうまい人なども向いているタイプと言えます。

 

また、テナントなどを有している場合は、入居してもらうため人相手の営業などが必要にもなります。
そのため、人間関係が苦手という人は不動産業に向いていないと言えるかもしれません。

 

フットワークが軽く体力があることも重要です。

入居にあたってのガス、電気、水道、その他もろもろのトラブルなどにも対応しなければいけない場面が出ることもあります。
そういった時に、すぐに駆けつけ動き回る体力が必要とされることもあります。

 

専門知識を勉強する向上心のある人も不動産業に向いています。

地域の建物や土地価格などに興味がある方も不動産業界に向いていると言えます。
また、不動産投資に興味があったり、これから発展する場所、国などに興味があるという方も向いています。

 

 

いかがでしょうか。
以上が不動産業に向いている人のタイプと言えます。
ただし、自分では不動産業界に「向いていないかも・・」と思われている方でも努力次第で勤めることが出来ます。

 

最初は向いているかどうかわからなくても、仕事をしているうちに好きになり向いていると感じることはどの業界でも多々あることです。多少なりとも業界に興味をお持ちでしたら、チャレンジしてみて下さい。不動産に関わる資格を取得するのもいいですね。