不動産鑑定士は司法試験や公認会計士と並び日本の三大国家試験の一つで、難易度も高い資格です。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

不動産に関する資格

不動産に関する資格は非常に多くあります。
国家資格や民間資格など難易度もそれぞれですが、不動産に関連する資格全般を紹介いたします。

 

不動産鑑定士

不動産関連で最も難しいと言われ国家資格でもあるのが、不動産鑑定士です。
不動産鑑定士は住宅やマンションなどの不動産価値の鑑定を行い、適正価格を決める専門家です。
司法試験や公認会計士と並び日本の三大国家試験の一つで、難易度も高い資格です。

 

宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)

不動産関連の資格で一般的にもよく知られているのが、宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)です。
いわゆる宅建と呼ばれている資格です。受験者数も多い人気資格です。
難易度は不動産鑑定士ほど難しくはありませんが、簡単という訳でもありません。
合格率は15%強と言われています。
宅建の資格を持っていることで、個人(家主)が賃貸で部屋を貸す契約が出来るなどのメリットがあります。
契約書も自分で作成出来るようになります。
宅建の資格を取得する方法とは?

 

賃貸不動産経営管理士

難易度が比較的低い賃貸不動産経営管理士という資格もあります。
民間資格で、参考書や問題集をしっかり勉強すれば独学でも受かる比較的容易な資格と言えます。

 

 

 

賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識が必要となります。
資格を取得することで、

  • 家主や入居者との信頼関係を構築できる
  • 不動産関連の事業拡大の一助となる

などのメリットがあります。
資格取得者は、賃貸住宅の管理に関する知識や技能を持った専門家と言えます。

 

その他、不動産関連と思われる資格を列挙致します。
国家資格であるマンション管理士や難しい土地家屋調査士を筆頭に、不動産仲介士、不動産コンサルティング技能試験、マンション管理員検定、マンションリフォームマネジャーなどの資格があります。

 

いかがでしたでしょうか。
これらのように不動産関連の資格は非常にたくさんあります。資格取得していないと不動産業務に影響を及ぼすこともあります。
難易度に伴い取得する価値も上がると言え仕事の幅も広がると言えます。
ご自身の目指す不動産分野に合わせて資格取得するようにしましょう。