宅建は難し過ぎず、かと言って簡単でもない、不動産業界で非常にポピュラーな資格です。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

宅建を取る方法

宅建は、不動産業界の資格の中でも非常に人気があり受験者数も多い資格です。
不動産業界への就職を目指す方や不動産業に従事している方が必要となる資格です。

 

宅建の資格を取るには、試験を受けて合格する必要があります。

試験は誰でも受けることができ、不動産業界の人はもちろん業種に関係のない方などの受験など受験者は多岐に渡ります。
国家資格で難易度も不動産鑑定士よりは簡単ですが、賃貸不動産経営管理士などの民間資格よりは難しいという位置取りです。
合格率は15%~16%と、決して高いとは言えない数字でもあります。

 

正式には、宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)という資格名で、この資格を保有することで個人が賃貸で不動産契約を結ぶことなどが出来るようになります。

 

宅建の資格を取るメリットとしては、宅地建物取引士の需要が高く食いっぱぐれがないことや就・転職の際に有利になることがある。ことです。

 

勉強期間

平均で半年~1年程度となっています。
最短では、4ヶ月程度で合格されている方もいらっしゃいます。
不動産業界で働いた経験がない方でも勉強すれば合格出来る資格です。

 

勉強方法

予備校などで講座を受けたり通信講座などで行う方法があります。
また、宅建の勉強は独学で行うことも可能です。
しっかり計画をたてて、評判の良いテキストなどで勉強すれば独学でも十分に合格することの出来る資格です。
この宅地建物取引業法の試験は幅が広く、法律用語も出てきます。
そのため独学で勉強する場合もしっかりとした参考書や問題集が必要になります。
独学者を対象にしたサイトなどもあるようなので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。
宅建は難し過ぎず、かといって簡単でも無い不動産業界で非常にポピュラーな資格でもあります。
ご自分のライフスタイルに合わせた勉強方法で試験に臨んでみて下さい。