フィードで働くメリットは、業界と歩合給による高い将来性と充実した社員の受け入れ体制です。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

フィードで働くメリット

不動産会社のフィードで働く魅力について、
現在の不動産業界やネット上での評判や投稿を分析して働くメリットについて紹介していきます。

 

フィードの求人に興味を持っている方は、第三者の平等な目線でフィードの勤務環境や将来性などを紹介しています。
是非失敗しない就職選びの為に参考にしてみてください。

 

 

そもそも不動産仲介業の業界ってどうなの?

フィードの主力事業は首都圏を中心にマンションの仲介業を行っています。

 

不動産仲介業とは、自ら所有している不動産ではなく大手ゼネコンや地主の方が所有しているマンションの売買を、
売り手と買い手の間に入って仲介や販売促進を行う事です。

 

不動産仲介手数料は400万円以上の物件であれば売買代金の3%+6万円と法律で定められています。

仮に3千万円のマンションを仲介した場合96万円の仲介手数料が仲介会社の取り分になります。

 

自社で媒介を以来されている物件を自社で買い手をみつけてきて成約させた場合は、売主と買主の双方から、仲介手数料をもらえます。
買主から、ネットで見つけた他の不動産物件に興味があると言われた場合は、担当して売主と条件交渉をして契約できれば買主から手数料を受け取る事ができます。

 

大きい金額を扱う事で有名な不動産業界は簡単に仕事を取れる業種ではありませんが、結果を出せば儲かる仕組みができている業界です。

 

全国の不動産仲介業の中でも、最も注目度が高いのが首都圏のマンションです。
今なお新規建設が多数行われていて販売できる物件は多数ありますし、順次新規物件が登場しています。

 

マンションの売買を行う不動産会社のフィード

首都圏の好立地のマンションは、購入後も値段が下がりにくいメリットがあり、買い手のメリットも非常に大きいのが特徴です。

 

需要も多いですし、マンション購入を考えていない人でも賃貸で住んでいく事とのメリットの違いを説明すれば興味を持ってもらいやすいですので、営業手法はたくさんあります。
自信を持って勧められる物件だからこそ、営業も自信を持ってすすめる事ができますし、単価が大きいエリアなので頑張った分の見返りも非常に大きいです。

 

 

近年ではアベノミクスや東京オリンピックで首都圏の地価は上昇傾向が強まり、歴史的な低金利も追い風になっています。
首都圏のマンションを中心に不動産業を行う職種に就労する事は将来性とやりがいが高く、非常にオススメできます。

 

 

 

会社としての勢いがあり、教育体制も整っている

フィードでは公式ホームページでも販売中の物件を紹介していますが、東京を中心に好立地の人気物件を多数抱えているので、
仲介する立場としては働きやすい環境が整っています。

 

不動産会社は大手に就職すると現場でそれほど結果を出していなかった古株社員が上司を勤めていたり、
バブル時代の名残で「気合で売ってこい」などとしかアドバイスされないケースも珍しくありません。

 

フィードは同業大手でトップセールスの実績がある社長をはじめ、リーダーや管理職の方は
現場で結果を出した営業スキルを持っている優秀な方達が多いです。
優秀な営業経験者が直接指導を行っていて、不動産未経験や、単価が高い商材を扱う事に不安がある方でも、
安心して働ける環境と教育体制が整っています。

 

自由な社風

トップページでも紹介している通りフィードは勤務時間の裁量調整や服装など自由な社風が特徴で、
2chや転職評価サイトを見る限り、こうした自由度には偽りがないようです。
厳しい社則に縛られずに、自由で中身の濃い仕事をやりたい方には是非オススメできます。

 

歩合給は青天

フィードは初任給で22万円の基本給を用意していますが、別途インセンティブの割合も多いのが特徴です。
入社1年目でも歩合給を含めて月収100万円を超えた方も実際に多数いるようです。
頑張れば頑張った分だけ社員に還元される給与形態は営業で一花咲かせたい人にオススメです。

 

寮、社宅完備で上京希望者の受け入れ体制も充実

フィードは全国から上京して勤務している社員が多数います。格安で入れる社員寮も用意されています。
社員同士も仲良く、社員旅行やレクレーションも頻繁にあるので、上京する事に生活やプライベートで不安を抱えている人でも安心して働けます。

 

他にもフィードは個性的な会社で、働くメリットややりがいは多数ありますが要点を絞って紹介しました。
当然、決して楽な業界ではなく働くデメリットもあります。
デメリットについてのまとめ記事も用意しておりますので、是非ご確認ください。 (参考ページ:フィードで働くデメリット)