東京オリンピックの開催決定でここ数年、都心部のマンション価格は大幅に上昇しています。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

マンションの価格高騰

東京オリンピックまであと4年ですが、不動産価格などはどうなっていくのでしょうか。
東京オリンピックによるマンションの高騰についてまとめています。

 

現在、オリンピックの開催が決定したことにより、都心部を中心に不動産価格も上昇していると言われています。
オリンピック開催に向けて都心部でインフラ整備が着々と進んでいることと関係していると思われます。
交通網だけでなく、ビルやマンションなどの不動産業界も活況をていしています。

 

不動産価格が上昇することで、必然的にマンション価格も高騰してきます。
そのため、現在、都心部のマンションは販売価格がほぼ上限に近づいているとも言われています。

 

ここ数年、マンション価格は大幅に価格上昇しています。
2010年上半期頃から新築マンション購入における年収倍率は右肩上がりに上昇してきています。
東京オリンピックを見越して購入を先送りするか悩まれている方も多いかと思います。
理由には、外国人の購入が一部の都心エリアの物件で目立つことも挙げられます。

 

これらのことから、マンション価格や不動産価格は東京オリンピックの開催される2020年頃まで小幅に伸びた後、少しづつ下落すると予測されています。

 

2020年までは都心部を中心にマンション価格は上昇し続けるので、マンション購入を現在検討されている方は2020年以降に購入するのが懸命かもしれません。

 

いかがでしょうか。
東京オリンピックの開催が決まり、都心部のマンションを中心に不動産価格もマンション価格も2020年まで高騰していくと予測されています。その後は下落するとも言われているので、5年を目処に今は購入や投資を控えた方が良いと言えるかもしれません。
マンションの購入や不動産投資をお考えの方はそのことを念頭に入れて行動されるようにして下さい。