健康保険料の家計負担額が軽くなったり、多めの年金が需給できるなどのメリットがあります。

首都圏エリアで人気の不動産会社フィード(代表中村建治)を2chや評判サイトからまとめ

MENU

福利厚生の大切さ

働く人にとって給料や勤務時間、年間休暇、環境、やりがいなど企業を選ぶにあたって様々な要素がチェック項目になるかと思います。その要素の一つとして福利厚生も非常に重要なポイントです。

 

 

福利厚生が充実していることでのメリットはやはり金銭面での負担ということになります。
健康保険料の家計負担額が軽くなったり、多めの年金が需給出来ることなどが挙げられます。

 

福利厚生は正社員であることのメリットでもあります。
正社員として雇用されていると、被用者保険という健康保険に加入することになります。
国民健康保険が加入者数に応じて保険料が上がることに対して、自分だけでなく扶養している家族全員が加入出来るようになります。
そのため、家計全般の負担を減らすことが可能になります。

 

また、国民年金に比べ厚生年金の場合は、月額にすると7万円近く多めに受給することが出来ます。
老後の生活にも経済面で影響を及ぼすことになります。

 

企業選びの際に重要となる福利厚生として法定外福利があります。

福利厚生は、法定福利法定外福利に分けられます。

  • 法定福利…健康保険や雇用保険、年金などのどの企業でも行わなければいけない
  • 法定外福利…企業が社員の為に設定しているあってもなくても良いもの

となります。

 

福利厚生が充実していると、独身の時には感じにくいメリットが結婚や家族を持つことで感じるようにもなります。

例えば、住宅手当や社宅、家族手当、育児補助、保養所などがあります。

 

また、健康や老後に助かる健康診断補助、財形貯蓄、企業年金などもあります。
その他にも、交通費や食事手当などがあります。

 

 

いかがでしょうか。
福利厚生は就職や転職で企業を選ぶ際、非常に重要な要素でもあります。
企業を選ぶ際の要素として、仕事環境や給料、勤務時間などと共に福利厚生についてもしっかりとチェックするようにして下さい。